ニュース

米国男子ザ・CJカップ@シャドークリークの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・CJカップ@シャドークリーク
期間:10/15〜10/18 場所:シャドークリーク(ネバダ州)

「自分の知らない世界も知っている」松山英樹は“意見交換”に充実感

2020/10/14 13:00


◇米国男子◇ザ・CJカップ@シャドークリーク 事前(13日)◇シャドークリークGC(ネバダ州)◇7527yd(パー72)

3週ぶりの試合となった前週予選落ちを喫した松山英樹は、週末から精力的な調整を続けてきた。ネバダ州ラスベガスでの連戦で移動の必要もなく、「ここ(シャドークリークGC)のコースには来られなかったですけど、じっくりできたかなって感じですね。時間が長かったので、その分できたこともありますし、いい方向かなと思います」とうなずいた。

<< 下に続く >>

会場入りした前日12日(月)はラウンドせず、6時間近く練習。この日も午前中に練習場へ入ると、パット、ショットの感触をしっかり確かめてから初めて見る18ホールをチェックした。

砂漠地帯のラスベガスにあって木々が生い茂り、ウォーターハザードが絡むホールも多い美しいコース。いつものようにグリーン周りの“外しどころ”を丁寧に下調べし、「グリーンが硬くて、やっぱり、ショットがすごく大事になるコースかな」と印象を口にした。

今週は、河本結のコーチとして前週の「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に同行していた目澤秀憲(めざわ・ひでのり)氏が、コースを訪問。前日の練習から松山と活発な“意見交換”を行っている。

松山は「(会場に)見に来るついでに、僕もどういう人なのか会ってみたかった。細かい(技術論の)ところの問題よりも、会ってみて、どういう人なのかを知りたかった」。関係者を通じて連絡を取り合い、連日ゴルフ談義を交わしながらの練習となっている。

「スイングとかも相談もします」と具体的なテーマに踏み込むときもあるとはいえ、「まず、どういう人なのかを知りたかった。自分の知らない世界も知っていますし。だからといって、自分(の軸)が変わることもないですし」と強調。ひと味違う試合直前の光景も、ゴルフへの妥協なき取り組みの一環だ。(ネバダ州ラスベガス/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・CJカップ@シャドークリーク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!