ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米オープン
期間:09/17〜09/20 場所:ウイングドフットGC(ニューヨーク州)

“8度目の正直” 今平周吾がメジャーで初の予選通過

2020/09/19 12:25


◇メジャー第1戦◇全米オープン 2日目(18日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70)

今平周吾がメジャーに初めて出場したのは2016年の「全英オープン」。あれから4年、8回目の挑戦でついに予選の壁を乗り越えた。1オーバー33位タイから2バーディ、6ボギーの「74」。午前中から吹いた強風のコンディションを耐え抜き、5オーバー33位タイで初の決勝ラウンド進出を果たした。

<< 下に続く >>

スタートホールのバーディで気が緩むはずもなかった。1番で幸先よく5mを沈めた今平も、2日目になって牙をむいたコースに屈しそうになった。2番からの2連続ボギーを含めアウトで4ボギー。「きのうと一緒で耐えながらのラウンド。コース(コンディション)自体はそこまで変わらないけれど、きのうよりも風が強くて、ピンポジションも奥が多く難しかった」と乱れかけた。

意地を見せたのは難関の最終18番。バックナインに入り、ティショットをいずれも右ラフに入れた12番(パー5)、16番でさらにボギーを重ねて迎えたフィニッシングホールで、残り180ydからアイアンでチャンスを作った。6mの大きなフックラインに勢いよくボールを乗せてバーディ締め。笑みを浮かべてホールアウトした。

日本ツアーの賞金王となって迎えた昨季は4大会すべてのメジャーで予選落ちした、世界で唯一の選手になった。「自分は世界からそう見られている。日本ツアーにとっても良くないことをしてしまった」と恥じた。「日本では気持ち良く、自信を持ってできているゴルフが、海外に行くと周りを気にしてやっているところがある」という課題を自覚し、マネーキングのタイトルを守って迎えた今年ようやく面目を保てた。

「午前中はまだ穏やかだった。これから回る選手は厳しいセッティングになる」。タフな残り36ホールへ、ここで安堵するわけにはいかない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!