ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

3連覇に挑戦のケプカ ロングコースに“争う相手は少人数”の自信

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 事前情報(4日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

ブルックス・ケプカには現在の競技方式になって大会史上初(※)、メジャーでは1954年から「全英オープン」を立て続けに制したピーター・トムソン以来となる3連覇の期待がかかる。昨秋に左ひざの手術をして以降、勝利がなくトップ10も2回だけ。前週の「WGCフェデックスセントジュード招待」は最終日最終ホールのダブルボギーで逆転負けを喫したが、その自信は揺らいでいない。

<< 下に続く >>

むしろ久々の優勝争いに手応えはグッと増した印象だ。スイングコーチのピート・コーウェン、クロード・ハーモンIII、新しくパッティングのアドバイスを受けているフィル・ケニオンとのやり取りが形になったところ。「週末以降、効果が目に見えてきた。何にせよ上位争いにまた加わって、ああいう緊張感を感じられたことが良かった」と調子は上向いている。

ケプカは前年大会のインタビューで「メジャーで勝つのは、それほど難しくない」と公言し、一部で物議をかもした。

考え方はいまも変わっていない。「去年話したと思うけど、コースのセッティングから言って、半分の選手は(争いから)消える。残ったなかのその半分の選手は良いプレーができないと思う(自滅する)。そのまた半分には精神的に僕が上回ることができる。だから残りは10人くらいになる」。もちろん、ケプカ自身が「やるべきことができたらの話」と力を発揮することが前提。そして今、それができる状態にあるという。

ケプカがメジャー3連覇に臨むのは今回が初めてではない。昨年「全米オープン」でゲーリー・ウッドランドに敗れて2位に終わった。「ペブルビーチでの全米オープンですでに経験した。どう考えればいいかはわかっているし、すごくうまくプレーできた。ただ、(結果的に)負けただけなんだ。今回も感覚はすごくいい」。7251yd、パー70の設定はロングヒッター有利と見立てる。完全復活の舞台としてはこの上ない。

※「全米プロ」は1958年から現行のストロークプレーに変更。前身のマッチプレー時代にウォルター・ヘーゲンが1924年から4連覇した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!