ニュース

米国男子バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 バラクーダ選手権
期間:07/30〜08/02 場所:モントルーG&CC(ネバダ州)

グレースが新型コロナ感染で2位から途中棄権 次週メジャーも欠場

◇米国男子◇バラクーダ選手権 3日目(1日)◇タホマウンテンクラブ(カリフォルニア州)◇7390yd(パー71)

ブランデン・グレース(南アフリカ)が新型コロナウイルスに感染したことが発覚し、決勝ラウンド開始前に途中棄権した。PGAツアーの選手で陽性反応が出たのは8人目となった。

<< 下に続く >>

PGAツアーの発表によると、グレースは「昨晩(2日目の夜)に疲れがあり、標高が高いせいかと思っていた」と体調不良を感じ、この日コース入りする前にツアーに症状を伝えた。その後の検査の結果は陽性。米ツアー2勝目に向けて2位タイで大会を折り返していたが、フィールドを去ることになった。なお、帯同キャディは陰性だった。

「仲間たちと大会に関わるすべての人のことを尊重して、検査を受けたいと思った。リーダーボードのポジションから言えば残念だったが、最も重要なのは私たちの健康だ」

ツアーと米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに基づき、グレースは今後10日間の自主隔離に入る。次週の「全米プロゴルフ選手権」(カリフォルニア州TPCハーディングパーク)は欠場を余儀なくされ、2014年の「全英オープン」以降続けてきたメジャー出場も途切れることになった。

フェデックスカップポイントランキングは現在156位。残りのレギュラーシーズンで出場のチャンスがあるのは1試合のみで、米ツアーのシード喪失危機にも瀕した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 バラクーダ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!