ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

マキロイ「欧州に戻るかわからない」 2020年は米ツアー専念も?

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 事前(29日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

ロリー・マキロイ(北アイルランド)が悩める胸中を吐露した。「ことしはヨーロッパに戻るかどうかわからない。全米オープン(9月)までのスケジュールは考えているけど、それだってツアー選手権の2週後だからね。その後どうするか、正直言って全くわからないよ」と秋以降のスケジュールについて明言を避けた。

<< 下に続く >>

昨年、父・ゲリーさんとともに出場したプロアマ形式の欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権」は10月1日に開幕予定だったが、中止が発表されたばかり。同ツアー「BMW PGA選手権」(10月15日~/イングランド・ウェントワースGC)をはじめ、米ツアーの今シーズン終了後に欧州ツアー転戦を例年通り行うかどうか、決めかねているという。

次週にはメジャー「全米プロゴルフ選手権」が控え、リー・ウェストウッドエディ・ペパレルらイングランド勢の中には新型コロナウイルス感染への懸念から出場見送りを表明した選手もいる。

「感染したり、させたりする可能性があるわけだから、(海外に行かず)なるべく家で過ごした方がいいという彼らの考えは理解できる」とした上で「仮にことし全英オープンが行われていたら、僕はリスクがあっても(米国から)プレーしにいっただろう」とも語った。

ツアー再開後はトップ10入りがなく、出場4試合連続でトップ10を逃したのは約2年半ぶりのこと。世界ランキング1位の座もジョン・ラーム(スペイン)に奪われた。「今週も大きなポイントがかかっていて、来週はメジャーだ。その後は3つのプレーオフイベントがある。2シーズン連続のフェデックスカップ年間王者を目指す上で刺激的な数週間になるよ」とラストスパートに意欲をにじませた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!