ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

PGAツアー コロナ陽性選手の同組&“おひとりさま制限”を撤廃

2020/07/29 19:10

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 事前(28日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

PGAツアーは健康と安全に関する方針を変更し、新型コロナウイルス検査で陽性判定された選手やキャディは、最初の兆候から10日間経過後、「24時間」発熱などの症状がなければ競技に復帰できると選手らに通知した。AP通信など米メディアが28日、報じた。

<< 下に続く >>

これまでは、米国疾病予防管理センター(CDC)の職場復帰のガイドラインに基づき、10日間が経過した後、少なくとも「72時間」は発熱がなく、呼吸器症状にも問題がないことが出場条件のひとつだった。

CDCによると、PCR検査では死滅した組織をピックアップして陽性結果を繰り返すことがあり、そういった状況で伝染するとは考えられていないという。ツアーはこれを受け、復帰基準を満たしている選手に対して3カ月間はPCR検査を行わないとし、“陽性選手”の同組、あるいは1人プレーという制限をなくした。クラブハウスやロッカールームなど施設の使用も許可される。

この方針は、今週の「WGCフェデックス セントジュード招待」および「バラクーダ選手権」で施行される。PGAオブアメリカが主催する次週の「全米プロゴルフ選手権」が同様の措置になるかは決まっていないという。

新型コロナウイルス検査で陽性となって、隔離期間などを経て復帰したディラン・フリッテリ(南アフリカ)、ハリス・イングリッシュデニー・マッカーシーはツアー再開後、感染防止のため、一人あるいは同組でプレーした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!