ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

同一コース連戦の合間に自宅へとんぼ返り ライアン・パーマーのお目当ては

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 初日(16日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7456yd(パー72)

1957年以来とPGAツアーの中でも極めて珍しい2週連続同一コースでのトーナメント開催。前週「ワークデイ・チャリティオープン」に出場した選手は移動の手間を省くことができた中で、ライアン・パーマーは予選落ちして飛行機に飛び乗った。

<< 下に続く >>

向かった先は生まれ故郷でもあるテキサスの自宅。「キャディのジェームズが『何かを変える必要がある。昔のパターを使うのはどうだろう』と助言をくれたんだ」。前週2日目のストロークゲインド・パッティングは「-5.210」とグリーン上の苦戦は明らかだった。ガレージに眠っていたのは、オデッセイ デュアルフォース ロッシーII。大学時代から2015年ごろまで10年以上愛用したマレット型パターだった。

再びミュアフィールドビレッジGCに戻ると、今度はパットの名手であるスティーブ・ストリッカーに練習ラウンドを申し込んだ。「僕の間違っているポイント、彼がフォーカスしているポイントを教えてくれた」。そして、5バーディ、ボギーなしの「67」で首位と1打差の5アンダー2位発進。前週より高速に仕上がって難度を増したグリーン上で、ストロークゲインドはフィールド38位の「0.994」とプラスに転じた。

午前7時55分と早いスタートとなる2日目へ「きょうはいい日だった。あすは風がないと聞いているし、(午前組で)グリーンもまだ軟らかい。素晴らしい朝になるはずだ」と、さらにテンションを上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!