ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ウッズがペブルビーチでショートコース設計 来春オープンへ

タイガー・ウッズがカリフォルニア州のペブルビーチリゾート内に新たなショートコースを設計すると発表した。かつてのクラブヘッドプロ、ピーター・ヘイの名前にちなんで1957年につくられたパー3コースをリニューアル。来春のグランドオープンを目指している。

ウッズが2位に15打差をつける歴史的な優勝を飾った2000年「全米オープン」の舞台、ペブルビーチGLとは道路(17マイルドライブ)を挟んだ目と鼻の先にある。

<< 下に続く >>

47ydから106ydの9ホールで総距離は670yd。2番ホールは、ペブルビーチGLの中でも世界的に有名な109ydの7番(パー3)に近い106ydに設定した。ウッズは必ずしも多くの観光客がペブルビーチGLの7番をプレーできるわけではないと指摘しており、そのレプリカとなる同ホールがシグネチャーホールになると予想されている。

ウッズは「誰にとってもプレーしやすく、楽しめるコースになると思う。ティイングエリアやホールロケーション、風向きなど日ごとに異なるプレーができるはず。僕もプレーするのが待ちきれない」とコメント。あらゆるスキルレベルのプレーヤーを対象に、子どもや家族連れが通常の18ホールのコースより短時間で楽しめるオプションとしての期待を語った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!