ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズ設計のコースがメキシコでオープン

2014/12/17 12:34

今後タイガー・ウッズは、経歴に“コース設計士”と付け加えられる。

ウッズが初めて設計したメキシコのサンルーカス岬にあるエルカルドナルコースatディアマンテが、現地16日にオープンした。ウッズはオープン初日のオープニングティショットを打ち、9ホールをプレーした。

ウッズのウェブサイトによれば、全長7,363ヤード、パー72のコースは、昔懐かしいカリフォルニアのコースを思い起こさせるコースに仕上がったという。

プレーヤーには、ワイドなフェアウェイに対するティショットの判断が求められ、ハザードを越えてより良い位置でのアプローチを狙うか、もしくはグリーンまで距離は残すものの安全な位置に持っていくかを判断しないといけない。できるだけ地形を生かしたワイドなフェアウェイ、隆起の激しいグリーンサイドのバンカーというレイアウトが、オールドスタイルな見た目とフィーリングを合わせ持ったコースの特徴を強調している。

ディアマンテは、デービス・ラブIIIが設計したデューンズコースがある土地としても知られている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。