ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ザ・バークレイズ
期間:08/23〜08/26 場所:ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

丸山、今田にチャンスはある!?初戦コースとは相性良し!

今季は首のケガ、更には一層長くなるPGAツアーのコースセッティングに悩まされていた丸山茂樹。しかし、最後の最後で粘りを見せランキング140位でFedEx Cupプレーオフの出場権を手に入れた。「AT&Tクラシック」ではプレーオフの末ザック・ジョンソンに敗れた今田竜二はランキング55位でプレーオフを迎える。

両日本人選手にとってプレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」は相性の良い大会。大きな理由の一つに開催コース、ウェストチェスターCCの全長が6,839ヤードしかなく、PGAツアー大会の中では最も短いコースの一つだからだ。飛距離を武器にする選手より、2打目以降のショットメイキングが勝負の鍵を握る。コースが短い分起伏が激しく、ラフに入れるとトラブルが待っている。今年から灌漑設備を一部改善したことにより、全体的に「硬く、速い」コースになると予想されている。

<< 下に続く >>

今田は昨年の大会で2アンダー、15位タイに入り大健闘。ビジェイ・シンの優勝スコアが10アンダー、アンダーパーで回った選手が84人中24人しかいなかった。「パーを拾っていく」ゴルフができれば再度上位争いができる。逆に一度「キレて」しまうと、大幅にスコアを崩す可能性がある。

丸山は最近3度の出場で2度のトップ30入りを果たしている。パッティングが好調で平均パット数(28.28)は現在PGAツアー全体の7位に入っている。

両選手にとって十分チャンスはありそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!