ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

アンソニー・キムの独占インタビュー

タイガーに続く大物、そんな声も聞かれるアンソニー・キムは今週、ニュージーランドでキウィ・チャレンジに出場する。

-1年前と比べてどのように変ったか?

アンソニー・キム
「ええ、確かに予想以上にいいシーズンになりましたし、ルーキーだった年よりも、はるかに良いプレーができたことで、さまざまなイベントに出られることを嬉しく思います。実際ゴルフをやめたいと思ったこともありました。毎週20位で終わりたくない、賞金がもらえる予選通過だけを目標に戦うのは嫌だと思っていたのです。自分もそれでは恥ずかしいし、自分を高く評価してくれた周りの人達も落胆させていると感じるようになりました。結局、もう一度挑戦することに決めましたが、優勝できなければ、転職、そこまで行っていましたね」。

-ライダーカップのシングルスマッチで先陣を切ることをいつ知らされたか?

アンソニー・キム
「おそらく今までで最も重要なラウンドだったと思います。そして、そんな試合で勝てると思える自信があってラッキーでした。ガルシアとの戦いは臨むところでしたし、彼が過去アメリカが舞台だった“ライダーカップ”で見せた強さに負けない、いいプレーがしたいと思っていました。私は私なりにチームの士気を高めたかったですし、大会前から、私の若さがもたらすエネルギーが武器になるといわれていましたから、それを証明したいと思っていました」。

-タイガーの存在について

アンソニー・キム
「タイガーが私の人生にどれだけ影響を与えたか、言葉では表せません。タイガーがいたからゴルファーになったわけですが、私も誰かの人生を変えることができたらいいなと思っています」。

-毎週タイガーと優勝争いできるのは、自分だと思うか?

アンソニー・キム
「そうなれないと言い切る理由が見つかりません。私は何に対しても負けず嫌いですし、トップにいることこそ全て。そう思わなかったらゴルフはしていません」。

-次なる目標はメジャー制覇?

アンソニー・キム
「今は、すべての大会が自分にとってのメジャーです。今週はキウィ・チャレンジで優勝を目指します」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。