ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

パット・イズ・マネーを地で行く勝利 ケビン・ナの”熱き”新記録

2019/10/07 15:45


◇米国男子◇シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン 最終日(6日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

地元ラスベガスで大会2勝目を飾ったケビン・ナの「パットのスコア貢献率」(ストローク・ゲインド・パッティング)は驚異の+14.263、「72ホールで決めたパットの総距離」は約170.1mで、記録のある2003年以降での新記録を樹立した。優勝スコアは通算23アンダーだったが、今週はパットだけで14ストローク以上、フィールド平均より稼ぎ出したことになる。

<< 下に続く >>

ナが今年8月から使っているのは、オデッセイ TOULONのMadisonパター。これにグラファイトシャフト(LAGP/LA Golf ShaftsのOZIK TP PUTTER)を挿したものだ。

ナは「とても硬いシャフトで、スチールよりも硬くて、それによってパットのタッチが安定した」という。「自信を持ったストロークで良いパットを打てているので(入る)確率が上がっている。もし良いスピードでパットを打てれば、カップ全部を使うことができる。リップインする(カップの縁から入る)にはちょっとの運も必要だけど、いくつかそういうパットがあった」と振り返った。

今年の「ザ・プレーヤーズ選手権」では、浮き島の名物17番グリーンで球がカップに入るやいなや球を拾い上げたナを、同組のタイガー・ウッズが真似をして一躍SNSの話題となった。

だが、すごいのは球を拾う早さだけではない。「僕はパターがうまい選手だと思う。グリーンに近くなるほど、良いプレーができる。それが僕の強みだし、強くなってきたところだ。今週はパターが“熱かった”。そんなときは、そこそこのショットを打てれば、勝てるような気がするんだ」。

グリーン上で無類の強さを発揮する。まさに「パット・イズ・マネー」を証明する勝利だった。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!