ニュース

米国男子セーフウェイオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 セーフウェイオープン
期間:09/26〜09/29 場所:シルバラードリゾート&スパ(ノース)(カリフォルニア州)

求められたリスキーショット 松山英樹の今季初戦は予選落ち

2019/09/28 11:47


◇米国男子◇セーフウェイオープン 2日目(27日)◇シルバラードリゾート&スパ ノース(カリフォルニア州)◇7166yd(パー72)

初日に続いてパープレーの「72」。「崩れる雰囲気はまったくなかったけど、伸ばすためにはぜんぜんダメな内容だった」という松山英樹は、通算イーブンパーでカットラインに2打届かずに予選落ち。トップが通算12アンダーまで伸ばす中、2バーディ、2ボギーのおとなしい内容では週末の切符はつかめなかった。

<< 下に続く >>

後半16番(パー5)でバーディを奪い、カットラインまであと1打に迫った17番。ティショットをフェアウェイに置いた松山は、打ち上げとなるピンまでは残り106yd。だが、52度のウェッジで放った第2打は、グリーンに届かずに花道へと転がり落ちてボギーとした。

松山は顔をしかめて振り返る。「やっぱりグリーンが硬いというか、ウェッジで打てば止まるのか、それとも跳ねてしまうのかというところで…。どっちかなと思いながら、(風が)フォローだったので、スピンを掛けにいったら風がぜんぜん来なかった。予選通過と関係ないトップ争いをしていたら、ああいうリスキーなショットは打たなくてよかったと思うし、パターが入っていない分、ショットでつけたいっていう気持ちが出たんじゃないかなと思います」。ハイリスク、ハイリターンな選択をせざるを得ない状況に追い込まれていた。

ティショットの精度は初日よりも向上し、フェアウェイキープは6回から9回へ増えた。「あまり悪いところも出なかったし、だいぶ思ったとおりのスイングができ始めている」と手応えは増しているが、初日から苦しんだ距離感のアジャストと、読み切れないグリーンが、この日もスコアメイクを妨げた。

今年7月以降、これで3度目の予選落ち。直近3シーズンで、予選落ちをそれぞれ2回ずつに抑えていた松山にとってはハイペースだ。感触と裏腹なことが、なおさらもどかしい。「あとは、どう結果につなげていくかだと思う。まあ、そこが一番難しいんですけど…」と口調は重いが、「これより悪い成績はないので、来週から頑張りたいと思います」と振り切るように前を向いた。(カリフォルニア州ナパ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 セーフウェイオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!