ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/25〜07/28 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

かみ合わない歯車 松山英樹のもどかしい週末

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(28日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7237yd(パー70)

30位から出た松山英樹は1バーディ、3ボギーの「72」と落とし、通算イーブンパーの43位に後退して今季の世界ゴルフ選手権(WGC)を終えた。「上手くいかなかったですね」とバーディは前半3番(パー5)のひとつにとどまり、初日の2位スタートから日を追うごとに首位の背中は遠ざかった。

<< 下に続く >>

「いいショットもあったと思うけれど、それが続いてくれない」。10打差を追った最終日は、もどかしさばかりが募るラウンドになった。「ティショットが良かったらセカンドが上手くいかないとか…。今週はセカンドのストレスがすごく多かった」という。

最初の1番では1Wでフェアウェイに運んだものの、2打目をグリーン手前のバンカーに落とし、ビッグスコアが求められる中でボギーの滑り出し。この日フェアウェイからグリーンを外したのは3ホールあったほか、持ち味のアイアンで決定的なチャンスをつくれないまま18ホールを終えた。

初投入したスコッティキャメロン製のピン型パターを4日間手にしたグリーン上でも、「本当に酷いミスパットはほとんどなかった」というだけに、一筋違いでカップを逸れて驚くような表情も多かった。「なぜ入らないのか。たぶんライン読みとタッチの差だと思うので、そこをしっかりと合わせられるような技術があればと思う」と振り返る。

「今週は上手くいきそうな雰囲気もあったけれど、何かの歯車が狂っているから、これだけ上手くいかないのだと思う。練習をして、自分のいいリズムでプレーできるまでガマンして、早くそういうプレーができるようになりたい」。切実な思いを言葉にこめた。

次週は今季レギュラーツアーの最終戦「ウィンダム選手権」に出場する。「場所も変われば、何か変わるかもしれない。移動して練習をして、良い状態で入れるようにしたい」。翌週からは、全3試合のプレーオフシリーズも控えている。「どちらかと言えば、好きな方だと思う」というコースで、復調へのきっかけを見出したい。(テネシー州メンフィス/塚田達也)

関連リンク

2019年 WGCフェデックス セントジュード招待



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!