ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ネスレ1回戦H 塚田陽亮 手嶋多一

2015/09/11 10:00

HOLE123456789
塚田陽亮------
手嶋多一-------

HOLE101112131415161718
塚田陽亮--------
手嶋多一--------

■ 1H PAR4 塚田1UP

塚田はティショットを、ロープ外まで左に曲げるも、そこからピン右5メートルにつけバーディ。手嶋はフェアウェイ右サイドからのセカンドを寄せきれず2パットのパー。塚田の1UPに。

■ 2H PAR5 AS

両者ともフェアウェイからのセカンド。手嶋はグリーン手前ギリギリにつけ、そこから2パットのパー。塚田はグリーン右に外し、アプローチも寄せきれずボギーとし、このホール手嶋の勝利でオールスクエアとする。

■ 3H PAR4 手嶋1UP

セカンドショット、手嶋は左ラフから、塚田はフェアウェイ真ん中からほとんど同じ下り4メートルにのせる。先に手嶋が入れてバーディ。しかし塚田は入れることができずパー。このホール、手嶋の勝利で手嶋1UP。

■ 4H PAR3 手嶋1UP

手嶋はピン左5メートルにのせ、パー。塚田はグリーン右手前に外し、そこからのアプローチを寄せきれなかったが、パットを入れてパーとする。このホール引き分け。

■ 5H PAR4 AS

塚田は2打目をOKバーディまでつける。手嶋はティショットを右の林へ曲げ、そこからグリーン左手前のラフまで運ぶも、アプローチをミスして4オン。このホール塚田が勝ってオールスクエアとなる。

■ 6H PAR4 AS

手嶋は2打目を2段グリーンの左手前カラーにのせ、アプローチを寄せてパー。塚田はフェアウェイからピン左1.5メートルにつけるも、バーディパットをカップに蹴られてバーディを逃す。このホール引き分け。

■ 7H PAR4 AS

両者ともにフェアウェイ真ん中からのセカンドをピン手前3メートルにつける。先に手嶋がバーディパットを打つも、少しオーバーしてパー。塚田も入れることができずパーとする。このホール引き分け。

■ 8H PAR3 塚田1UP

手嶋はティショットでグリーンを外し右のラフ。そこから寄せることができず、ボギー。対する塚田はピン右3メートルににつけて2パットのパー。このホール塚田がとって塚田の1UP。

■ 9H PAR5 塚田1UP

塚田はティショットをバンカーにいれるも、そこからセカンドをフェアウェイ左サイドまで運び、3オン。手嶋のセカンド、フェアウェイから2オンを狙うも、グリーン右手前へ外す。両者ともにバーディパットを決めることができずOKパーで引き分け。

■ 10H PAR4 塚田1UP

両者ともにフェアウェイの真ん中なからのセカンドショットととし、先に手嶋がピン手前4メートル、塚田はOKバーディの位置までつける。しかし、手嶋もバーディパットを決め、このホールイーブンとする。

■ 11H PAR4 塚田1UP

セカンド、互いに右ラフからグリーンを狙う。手嶋はグリーン右に乗せ、塚田はグリーン手前からのアプローチ。両者ともに微妙な距離のパーパット決めるて引き分け。

■ 12H PAR4 塚田2UP

手嶋は右ラフ、塚田は左ラフからのセカンド、手嶋は右手前のバンカーに捕まり、塚田はグリーン右奥へ外す。手嶋のバンカーショットはピンをオーバーして向かいのバンカーへ。そこから寄せきれずにダブルボギーとする。塚田はアプローチを1メートルに寄せOKパー。塚田2UPに。

■ 13H PAR3 塚田2UP

両者ともにピン右4メートルからのバーディパット。塚田が先に打ち、カップをオーバーするも折り返しのパットを決めてパー。手嶋のバーディパットはカップ左側にきれて惜しくもバーディならず、引き分け。

■ 14H PAR4 塚田2UP

塚田は左ラフからのセカンドをグリーン奥へこぼすも、そこからアプローチを寄せ、パー。手嶋はフェアウェイ真ん中からグリーン手前5メートルにつけるも、バーディパットを決められず、パーとして引き分け。

■ 15H PAR4 塚田2UP

手嶋のセカンドはグリーン奥のカラーへ、塚田は右手前3メートルにつける。手嶋は奥のカラーからパターで1メートルまで寄せ、パーとする。塚田のバーディパットはカップまで届かず、両者パーとしこのホールイーブン。

■ 16H PAR3 塚田1UP

塚田のティショットはグリーン左へはずれるも、そこからアプローチを寄せてOKパー。手嶋はピン手前6メートルにから、見事バーディパットを決めて1つ戻し、塚田の1UPに。

■ 17H PAR5 塚田1UP

塚田はフェアウェイ真ん中から2オンに成功、ピン手前5メートルにつけるイーグルチャンス。一方、手嶋はセカンドをグリーン右手前まで運び、そこからのアプローチをピン手前3メートルまで寄せる。塚田のイーグルパットは惜しくもカップをオーバー、折り返しのパットを決めてバーディとする。手嶋もバーディパットを入れこのホールをイーブンとする。

■ 18H PAR4 塚田1UP

塚田は左ラフからピン右5メートルにつけ、バーディパットを外すもOKパー。このホールを取ってASに持ちこみたい手嶋はセカンドをピン左手前4メートルにつけるもバーディならず。塚田が1UPで勝利を収めた。




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~