ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米女子オープン
期間:05/30〜06/02 場所:カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

日本人ペアリングの影響は?成田美寿々7位 畑岡奈紗は43位で発進

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 初日(30日)◇カントリークラブ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)◇6535yd(パー71)

3度目の「全米女子オープン」出場となる成田美寿々は初日を5バーディ、3ボギーの2アンダー「69」。大会では自身初の60台を記録して、首位と4打差7位の好スタートを決めた。

「やりやすかったです。日本の人はプレーも速いし、それはかなり良かった」と、比嘉真美子畑岡奈紗とのペアリングにも感謝した。幅の広さにも助けられ、フェアウェイを外したのは14回中2回だけ。「1回3パットしているので、それだけ(もったいない)かな」と、この日のラウンドを85点と自己評価した。

一方で、2人の先輩に気を遣ったのか、畑岡は1オーバー43位。前半3つのボギーを先行したが、9番(パー5)で残り220ydの2打目を3UTで1.5mにつけてイーグル奪取。だが、アイアンショットの距離感やグリーン上のスピード感にいつもの精度はなく、後半はパーを重ねた。

「目標は2つ、3つ(アンダーを)出せればと思っていたけど、オーバーパースタートなので、あす以降はちょっと切り替えていかなといけない」と畑岡は言う。首位とは7打差。あす、少しでも上位に迫りたい。(サウスカロライナ州チャールストン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!