ニュース

米国女子ANAインスピレーションの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ANAインスピレーション
期間:04/04〜04/07 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

FWキープは半分以下 それでも上原彩子は5年連続で決勝へ

2019/04/06 12:28


◇米国女子メジャー◇ANAインスピレーション 2日目(5日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6834yd(パー72)

昨年大会で8位に入った上原彩子が、初日「75」、2日目「72」の通算3オーバー48位で、5年連続での決勝ラウンド進出を決めた。

4日間、トップ10を外さなかった昨年について「ショットがめちゃくちゃ良かったし、パットも良かった。今年はあまりフェアウェイを捉えられていないので、その違いが大きい」と上原はいう。今季平均75.8%を誇るフェアウェイキープ率だが、この2日間は46.4%に低迷している。

だが、そこからパーを拾っていくのが上原の真骨頂だ。「次にどこからプレーをするかというマネジメントや、最悪のミスを避けてどう切り抜けるかが大事になる。飛んでしまうラフなのか、距離が落ちるラフなのか、ライに応じてクラブも変わる。その場に行って、キャディと話をして…という感じで決めている」と、1打1打に集中する。

それに加えて、四方を山に囲まれた砂漠地帯に吹く風はきまぐれだ。「平気で毎ホール(風向きが)違うし、前の選手がフォローだったのに、次に打つとアゲンストっていうこともある」という。

ティショットを右ラフに入れた4番では、2打目を4Uでグリーンに運び、右奥のピンまで約13mから2パットで切り抜けてパーセーブ。「気を抜いたら、いくらでもドボドボドボってなってしまう(苦笑)。4日間、たぶん一打も気は抜けない」。この日の3バーディ、3ボギーと、“12個のパー”は、そんな奮闘の記録でもある。

しかし、上原は長年そんなゴルフを続けてきた。「やっぱり上に行くためには、勝負どころのパットを入れないといけない」。そう語ったのは、昨年大会の経験から得た実感だ。(カリフォルニア州ランチョミラージュ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ANAインスピレーション




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。