ニュース

米国女子ISPS HANDA ヴィックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ISPS HANDA ヴィックオープン
期間:02/07〜02/10 場所:13th ビーチゴルフリンクス(オーストラリア)

プロデビュー戦の山口すず夏「ここ決めなきゃ…」一打への執着心

2019/02/07 14:30


◇米国女子&豪州女子共催◇ISPS HANDA ヴィックオープン 初日(7日)◇13th ビーチGC(オーストラリア)◇ビーチコース6479yd(パー72)/クリークコース6573yd(パー73)

プロデビュー戦の山口すず夏(東京・共立女子第二高3年)がクリークコースを6バーディ、1ダブルボギーの「69」(パー73)で回り4アンダーの好スタート。一打に対し強い執着心を見せるなど、プロの自覚をにじませた。

終盤15番(パー3)、3mのバーディパットを前に「この一打を決めないと予選に落ちる」と自らに言い聞かせた。「11番のダボの後に我慢を続けていたので」。冷静に沈め、そこから2連続バーディにつなげた。「勝負どころで強くなりたい」とプロ転向前の昨年12月からプライベートゴルフでも、パット前に自分を追い込むようになったという。18歳は「プロの世界は一打で変わる。順位も賞金も。ここ一番で決められないと優勝も難しい」と言い切った。

サービス精神も旺盛だ。バーディを獲った後には、キャディとともに両手の人差し指を立て、互いに向け合う。宿舎のテレビで見た、オーストラリアンフットボールの選手が喜びを表現する姿を真似たものだ。「それをやろうとなった。ここはオーストラリアだから」と無邪気に笑った。

「きょうは緊張もそんなになかった。ダボの後もへこたれないでやれた。(自己採点は)75点くらい」。同じく“女子高生プロ”として米ツアーに参戦した畑岡奈紗は、ツアーデビュー戦で予選落ちした。予選2日目にビーチコース(パー72)を回る山口は「しっかりフェアウェイキープをしたい。私の場合はそれ次第なので」と冷静に見据えた。(オーストラリア・バーウォンヘッズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ISPS HANDA ヴィックオープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには瀬戸瑞希選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!