ニュース

米国女子カナディアンパシフィック女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

16ホールでパーオン ピンを攻めた畑岡奈紗が初の首位発進

2018/08/24 13:19


◇米国女子◇カナディアンパシフィック女子オープン 初日(23日)◇ワスカナCC(カナダ・サスチュカワン州)◇6675yd(パー71)

19歳の畑岡奈紗は9バーディ、1ボギーの「64」をマークした。8アンダーとし、米ツアーで初めての首位発進を切った。

首位で並んだアリヤ・ジュタヌガン(タイ)とマリアホ・ウリベ(コロンビア)は午前組だったが、畑岡は午後のスタートだった。現地メディアの取材に「きょうは風がなくてピンを攻められた」と答えた。フェアウェイキープは9ホール(14ホール中)とややティショットの安定感を欠いたが、16ホール(18ホール中)でパーオンしており、2打目以降の精度が光った。

6月の3日間大会「NW アーカンソー選手権」でツアー初優勝を挙げ、「多くの選手たちが私を認識してくれるようになった。ただ、次は4日間大会で勝ちたい」。前週「インディ女子インテック選手権」は好発進しながら伸ばし合いについていけず、5打差の7位に終わり「私のゴルフができれば、きょうのようなスコアは出せると思う」と話した。

2日目は午前7時55分(日本時間午後10時55分)、1番からティオフする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 カナディアンパシフィック女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。