ニュース

国内女子北海道meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

小祝さくらがドライバー修正で6アンダー「ちょっとのことなんだな」

2018/08/04 18:58


◇国内女子◇北海道meijiカップ 2日目(4日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6493yd(パー72)

首位と8打差の60位から出た北海道北広島市出身の小祝さくらが6バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。通算4アンダーとして首位と7打差の9位に駆け上がった。

前半2番(パー3)を6Iで1mにつけると、4番と8番では5mのパットを沈めた。9番(パー5)ではスプーンで2オンを狙い、グリーンエッジまで運ぶと、パターで寄せてバーディ。さらに12番(パー5)、13番を連続バーディとした。

初日を2オーバー60位とし「昨年も予選で落ちて、今年もか」と弱気になった。それでもスタート前に立てた目標が「ノーボギー」と「4アンダー」だった。「(目標を)両方達成できたのでよかったです」と笑った。

きのうのラウンド後にキャディや母・ひとみさんと相談し、不安定だったドライバーのアドレスを修正した。「ヒール(寄り)に構えちゃってて、それが曲がる原因になっていた。たったそれだけで変わってしまう。ほんとちょっとのことなんだな」と振り返った。

また、地元ということでコースを知り尽くしている小祝は「あっちに打ったらダメ。あっちもダメ」と必要以上にターゲットを狭くしてしまっていた。「コースを知りすぎるのもよくない」と実感した。

この日も大勢のギャラリーを引き連れてのラウンドとなったが「ギャラリーの声援は聞きすぎるとプレッシャーになるので、(いい意味で)聞き流すようにしてます」と、らしい発言で笑いを誘った。「ボギーが少なければいい方向に行くコース」。最終日もノーボギーを貫き、上位フィニッシュを目指したい。

現在、英国で開催されている海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」で2位につけている比嘉真美子は自身と同じく辻村明志コーチに指導を受ける。大舞台で躍動する先輩の姿に「昨日もすごいなと思いながら見てました。全然違う舞台だけど、真美子さんについていけるようにしっかり頑張らなきゃ」と大きな刺激を受けた。(北海道北広島市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 北海道meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。