ニュース

米国女子KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗は納得の「64」 プレーオフで敗れるも「悔いはない」

2018/07/02 06:15


◇海外女子メジャー第3戦◇KPMG女子PGA選手権 最終日(1日)◇ケンパーレイクGC(イリノイ州)◇6741yd(パー72)

9打差逆転による41年ぶりの日本勢メジャー制覇は、惜しくも叶わなかった。23位からスタートした畑岡奈紗は最終ラウンドを2イーグル5バーディ、1ボギーの「64」とし、通算10アンダーの首位タイでホールアウトした。

ユ・ソヨンパク・ソンヒョン(ともに韓国)によるプレーオフ1ホール目(18番)。フェアウェイからの2打目をグリーン右奥のラフにこぼし、6ydのバーディトライをパターで外して敗退した。

快挙を逃した畑岡は中継局のテレビインタビューに応じ、強風の中で「64」をマークした最終ラウンドについて「イーグルも2つ取れた。自分らしい攻めのプレーができた結果、このコンディションで8アンダーにつながったと思う」と評価した。

ショートパットを外して唯一のボギーとした10番についても「きょうで唯一の悔い。あそこだけ本当にもったいなかった」。1977年大会の樋口久子以来となるメジャー制覇を逃す結果に終わったが、「きょうだけは自分の予想以上のゴルフができたので、悔いはありません」と総括した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 KPMG女子PGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。