ニュース

米国女子ISPSハンダ オーストラリア女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗はティショットに苦しみ16位 次戦は国内開幕戦

2018/02/18 18:04


◇米国女子◇ISPSハンダ オーストラリア女子オープン 最終日(18日)◇ザ・ロイヤルアデレードGC (オーストラリア)◇6599yd(パー72)

首位を6打差で追った畑岡奈紗はティショットで流れを悪くし「73」。通算4アンダーの16位タイで終えた。

序盤2番(パー5)のティショットを林に突っ込みボギーを先行。「良いイメージでスタートできたけど…。練習場でできていたことが途中からできなくなった」。8番でバーディを返したが、10番で再び1打目を木々の中に入れてアンプレヤブルを宣言。4オン2パットのダブルボギーとし、トップを走っていたコ・ジンヨン(韓国)の背中が遠のいた。

「(ティショットは)きのうは両方だったけど、きょうは右に出た。ちょっとしたタイミングだけど、調子が良い状態できて試合に入ってできなくなったことは悔しい」と肩を落とした。

最終組の2つ前で世界ランキング17位のミンジー・リー(オーストラリア)との2サムラウンドに「ミンジーのプレーは勉強になった。無理をしないで、グリーン上で勝負が決まってくるという、自分に足りないところだと思った」と語った。

次戦は日本ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(3月2日~)に出場する。米ツアーは「バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ」(3月15日~)まで約1カ月空くが、「調子が悪いわけではない。日本で良い感覚をつかんで米国に入れれば良い」と話した。

関連リンク

2018年 ISPSハンダ オーストラリア女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~