ニュース

米国女子エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

最後の挑戦へ 宮里藍が公式会見で明かした心境

2017/09/13 07:02


◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 事前情報(12日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6470yd(パー71)

ここエビアンでツアー初優勝を含む2勝の宮里藍が、現役最後の試合をこの地で迎えることは、現地でも大きな話題となっている。火曜日に公式会見に呼ばれた宮里は「ビタースイート(ほろ苦い)。幸せだけど、寂しい気持ちもある」と、開幕を2日後に控えた心境を笑顔で語った。

海外メディアから「引退後の予定(藍:終わってから考えたい)」や、「失って悲しいもの(藍:ツアーの友達と世界中の良いコースでプレーすること)」、さらには「その素敵なハイソックスを誰にあげるのか?(藍:誰も欲しがらないと思うから、自分自身でとっておく笑)」といった質問が飛び出す中で、宮里は一問一問、丁寧に対応した。

2010年、ロレーナ・オチョア(メキシコ)の引退試合となった「トレスマリアス選手権」の予選ラウンドで、オチョア、ナタリー・ガルビスとともに回り「私もそのことを考えていた」と言った。「第2ラウンドが終わったとき、スコアカードにサインをするロレーナが泣いていた。彼女はこれが本当に私たちとプレーする最後だと知っていたから。私も同じ気持ちになった」と思い返し「今度は私の番ね(笑)」と続けた。

8月の「全英リコー女子オープン」の開幕前に倒れた父・優さんは現在も闘病中だ。次週、日本では2003年に宮里がアマチュア優勝を果たした「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」が控える。「(出たい気持ちは)すごくあった。あそこからすべて始まったので、そこで終われたら良かった」と明かしたが、「ゴルフが家族を超えることはなかった」という判断でこの試合を最後に決めた。

それでも、“出るからには優勝を狙う”という気持ちに揺るぎはない。最後という区切りを付け、「後悔もなく、失うものもない」という澄んだ心境という。「いままでミスをしないようにっていうプレーの方が多かったなというのは実感している。逆にアグレッシブに行くところは割り切れてやれているので、それが良い方向にいってくれればいい」。

メジャー制覇への最後の挑戦が幕を開ける。“扉”を叩き続けてきたこれまでのキャリアのように、全力でぶつかっていくだけだ。(フランス・エビアン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 エビアン選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。