ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全英リコー女子オープン
期間:08/03〜08/06 場所:キングスバーンGL(スコットランド)

西山ゆかり“アニカ先生”と4年ぶり再会に感激

2017/08/06 04:00


◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 3日目◇キングスバーンズGL(スコットランド)◇6697yd(パー72)

通算2アンダーの48位で2年連続の決勝ラウンドに進んだ西山ゆかりは、「途中からパットの距離感がまったく合わなくなった」と後半にスコアを崩し、3バーディ、8ボギーの「77」でホールアウト。通算3オーバーの76位に大きく後退した。

打ち降ろしで338ydの前半5番はこの日、ティグラウンドが前に出されてワンオン可能なチャンスホール。「距離は270yd。右からのフォローだったので狙いに行った」と1Wを振り抜いたボールはピン手前3mにつき、パー4では生涯で初めてというワンオンを決めた。イーグルパットは外れて3つ目のバーディとしたが、これがこの日最後のバーディに。以降はグリーン上で苦戦して7つのボギーを重ね、計38パットの内容に肩を落とした。

順位は大きく落としたが、ホールアウト後には嬉しい再会が待っていた。報道対応を終えたあと、米国ツアー72勝で2008年を最後に現役から退いたアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)とばったり遭遇。西山は09年から5年間、米国フロリダ州でソレンスタムが主宰するゴルフアカデミーで指導を受けていたことがあり、実に4年ぶりの再会となった。

ソレンスタムから直接指導を受けたことはなかったが、「いつも声をかけて頂いて、気にかけてくれていました」と当時を振り返る西山。「まだ覚えていてくれていました!」と感激していた。(スコットランド・セントアンドリュース/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。