ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ショートヘアで心機一転 畑岡奈紗が米最終予選会に向け渡米

10月の「日本女子オープン」でアマチュアとして初のメジャー優勝を飾り、宮里藍の18歳110日を更新するツアー史上最年少(17歳271日)でプロ転向した畑岡奈紗(ルネサンス高3年)が、米女子ツアーの来季出場権を懸けた最終予選会(ファイナルQスクール)出場の為、19日(土)、会場のフロリダ州に向けて成田空港を出発した。

肩まであった髪をバッサリ切って、軽快なショートヘアで報道陣の前に現れた畑岡。先週、国内プロデビュー戦を飾った「伊藤園レディス」(最終順位26位)直後に「ジャマだったから・・・」とヘアスタイルをチェンジした。「母には最初びっくりされたけど、『いいんじゃない?』と言われました」と頬を赤らめた。

<< 下に続く >>

予選会は、今月30日から12月4日までの5日間、90ホールストロークプレーで、フロリダ州デイトナビーチ、LPGAインターナショナル(ジョーンズコース/ヒルズコース)で行われる。「経験がない」という長丁場に備え、「伊藤園レディス」出場後からは重点的なトレーニングで体力増進を図るとともに、ショートゲームを中心に練習を重ねてきた。

今月初旬の「TOTOクラシック」の大会期間中には、米ツアーを主戦場とするミンジー・リー(オーストラリア)、野村敏京らと食事を共にし、2コースを使用して争われる攻略方法についてアドバイスをもらった。「20位以内に入って、USLPGAツアーに参戦できるように頑張りたい」と意気込みを語った。

最終予選会には158名が出場。72ホール終了時点で上位70位タイまでが決勝ラウンドに進出し、上位20名の選手が来季出場権を獲得できる。(編集部・糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!