ニュース

米国女子ANAインスピレーションの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ANAインスピレーション
期間:03/31〜04/03 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍「メジャーのスコアの作り方」 39年ぶり快挙へ緊張と高揚

米国女子メジャー「ANAインスピレーション」3日目、首位タイで決勝ラウンドに進んだ宮里藍は2バーディ、1ボギーの「71」でプレーした。首位と2打差の通算8アンダーとして、逆転の見える位置をキープ。1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子に続き、39年ぶりとなる日本人2人目のメジャー制覇へ向け、最終日を迎える。

パッティング練習場で入念な調整を積み、レクシー・トンプソンとともに最終組としてティオフを迎えると、大歓声に包まれた。ツアー屈指の飛ばし屋のトンプソンとは「対称的なゴルフ」の宮里だが「彼女のプレーとは切り離して集中していた」と冷静さを保った。

<< 下に続く >>

ピンポジションがグリーン手前に切られたシビアなセッティングの中「インビトウィーンの距離が残り、距離感を合わせることが難しかった」と、イーブンパーで前半を折り返した。後半もチャンスメークに難航し、1~2mのパーパットを残して、しのぐゴルフが続いた。「とにかく(パーを)拾うだけ拾った。良い集中力を保てたし、これがメジャーならではのスコアの作り方」と言った。

最終18番では、ピン右約2mのチャンスにつけた。先にイーグルパットを沈めて10アンダーとしたトンプソンに対し、これを沈めて2打差に食らいついた。「きょうさえ乗り越えれば、あしたは思い切りいける。良く耐えて、あしたにつなげられた」。3日間の完璧なマネジメントの手応えは、リーダーボード上位の“Ai Miyazato”の名が示すとおりだ。

「あしたは上を追いかけるよりも自分のゴルフに撤したい。この試合でこの位置でプレーできることを楽しみたい」。復調の兆しを感じながら、静かに、力強く宿る自信。メジャーの大舞台での優勝争いに、緊張と高揚が入り混じる。(カリフォルニア州ランチョミラージュ/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ANAインスピレーション




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!