ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

KPMG女子PGA選手権
期間:06/11~06/14  場所: ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

首位とは7打差 宮里美香「チャンスはあると考えたい」

2015/06/13 10:21

6番で10mのバーディパットをねじ込んだ 6番で10mのバーディパットをねじ込んだ宮里美香は力強いガッツポーズ!

メジャーのタフなコンディションも影響し、1ラウンドに要した時間は5時間余り。ホールアウト後に「疲れたぁ」とこぼした宮里美香だったが、この日の2アンダーは「自信になる」。米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」の2日目に、3バーディ、1ボギーの「71」(パー73)で回った宮里は、通算1アンダーとして77位から32位へと順位を上げた。

「グリーンのスピードが遅く感じた」という午後スタートの2日目。10番から出た宮里は、12番(パー5)で3打目をバンカーに入れて、ボギーを先行させてしまう。「正直へこんだ」と苦笑いで振り返ったが、15番(パー5)で2.5mを沈めてバーディ奪取。「あれで、リラックスできた」。

その後は2パットのパーを積み重ねながら、チャンスを待った。折り返した5番(パー5)では7mのバーディパットがカップに蹴られ、「近づいているな」と言い聞かせた。すると、直後の6番で、10mのバーディパットがフックラインを描いてカップに消えた。

圧巻は最終9番(パー5)だ。強烈な打ち上げとなり、グリーン面を目視できない残り74ydの3打目を、1.5mにつけてバーディ締め。「後半のチャンスをものにすることができたし、だいぶ自信になる」と充実感を漂わせた。

ナイスプレーだが、首位とは7打差。上位との差はどう感じているのかと、少し意地悪な質問をした。「今日はパー5でボギーを叩いた。それは(バーディを期待していたので)ダボみたいなものだから、それがなければ4アンダー、5アンダーも出せると思う。チャンスはあると考えたい」。頼もしい答えが返ってきた。(ニューヨーク州ハリソン/今岡涼太)


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~