ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:03/05〜03/08 セントーサGC(シンガポール)

最終日最終組は世界ランク1位、2位、3位

2015/03/07 18:09

シンガポールにあるセントーサGCで行われている米国女子ツアー第5戦「HSBC女子チャンピオンズ」最終日は、朴仁妃(韓国)、リディア・コー(ニュージーランド)、ステーシー・ルイスという世界ランク上位3人が最終組で激突する。LPGAコミッショナーのマイケル・ワンは「ワールドクラス・リーダーボード!」とツイートするなど、役者の揃った最終日最終組に注目が集まっている。

現在の世界ランクは1位:コー、2位:朴、3位:ルイスの順。大会3日目を終えて、朴が2人に2打差をつけて単独首位に立っている。

朴は前週3日目の17番から、計74ホール連続でボギーなし。その秘訣は「アグレッシブにプレーしているから」と言う。「ボギーを恐れない。ボギーを打つかもしれないけど、それ以上にバーディを獲れると思っている」と、攻めの姿勢が奏功。「負けることも恐れない」と、充実したメンタルが朴のゴルフを支えている。

一方、追いかける立場の世界1位、17歳のコーは自身3週連続優勝が懸かっている。さらに米女子ツアーでは昨シーズンの「ロレーナ・オチョア・インビテーショナル」最終日以降、20ラウンド連続でオーバーパーを叩いていない。「(もし優勝できたら)それは夢のような3週間。でも自分はベストを尽くすだけ。タフなコースだから、1つのミスが高く付いてしまう」と、決戦を前に気を引き締めた。

前週2位のルイスは雪辱に燃えている。「最終日最終組は誰もがそこにいたいと思う場所。誰と一緒だろうが関係ない」。とはいえ、世界トップ3がともに回ることに興奮は隠さない。「とても楽しくなると思う。ファンにとっても、ツアーにとっても良いことだと思う」。

3者3様の意地のぶつかり合いは、明日9時45分にティオフする。(シンガポール・セントーサ/今岡涼太)

関連リンク

2015年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~