ニュース

米国女子ピュアシルク バハマ LPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック
期間:02/05〜02/08 オーシャンクラブゴルフコース(バハマ)

【速報】宮里藍が2回のチップインで決勝へ! 上原、横峯は予選落ち

初日から進行が遅れている米国女子ツアー「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」3日目は、午前8時に第2ラウンドの残りが再開。正午過ぎに全組がホールアウトし、通算1オーバー65位タイまでの74人が、引き続き午後1時15分にスタートする決勝ラウンドに進出した。

通算2オーバー、暫定69位から11ホールを残していた宮里藍は、再開ホールの17番(パー3)でいきなり魅せた。グリーン手前のフリンジから10ydを、ウェッジでカップに放り込むチップインバーディ。さらに続く18番(パー5)、折り返し後の3番(パー3)と伸ばすと、5番(パー3)ではグリーン手前から再びのチップインでこの日4つ目のバーディを奪った。

宮里は最終的に、第2ラウンドを4バーディ、2ボギー「71」(パー73)と2つ伸ばし、通算2アンダーの33位タイで開幕戦に続く決勝ラウンド進出を決めた。

通算8アンダーで首位に並ぶのは、前週にリディア・コー(ニュージーランド)から世界ランク1位の座を追われた朴仁妃(韓国)と、ブルック・パンケーキキム・セヨン(韓国)の3人。快挙明けのコーも、通算3アンダーの27位で決勝に進んだ。

昨日、5アンダーで第2ラウンドを終えていた宮里美香は11位タイ。上原彩子は通算2オーバー75位、横峯さくらは通算5オーバー103位で予選落ちに終わった。

関連リンク

2015年 ピュアシルク バハマ LPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには脇元華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~