ニュース

米国女子ウェグマンズLPGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ウェグマンズLPGA選手権
期間:08/14〜08/17 場所:モンローGC(ニューヨーク州)

日本勢はグリーン上で足止め 下位停滞のまま最終日へ

決勝ラウンドに進んだ日本勢3人が、なかなか浮上の機会をつかめないでいる。海外女子メジャー「ウェグマンズLPGA選手権」3日目を終えて、イーブンパー「72」でプレーした野村敏京の通算1オーバー、40位が最高位。「73」の有村智恵は通算3オーバー54位、「74」の上原彩子は通算4オーバー59位とアンダーパーまで踏み込めず、停滞したまま明日の最終日を迎えることになった。

目標のトップ10に向けて、44位から「アンダーを出さなくてはいけない」と臨んだ野村だが、4バーディ、4ボギーの内容に「今日もボギーをたくさん打ってしまった。パットが入らなかった」と肩を落とした。今週の日本勢で唯一のパワーヒッターは、3番と14番のパー5で2オンからバーディを奪うなど見せ場も作ったが、14番は1メートル弱のイーグルパットを外してのもの。ここでもパットが足を引っぱる結果になり、飛距離のアドバンテージを生かせないラウンドが続いている。

<< 下に続く >>

有村と上原もパットに苦しんだ。昨日は35パットを叩いた有村は、この日も「パットに不安があった」との悪い予感が的中。「今日は風もなく、グリーンもそれほど硬くなかったので伸ばせる日だと思っていたけど、パットが入らなかった」。465ヤードともっとも短いパー5の前半3番では、2メートルのバーディパットを決めきれず。チャンスホールで流れを築けず「フラストレーションが溜まった」と、1バーディ、2ボギーに留まった。

一方の上原も「ピンポジが難しいところに切ってあって、タッチが合わなかった」と2バーディ、4ボギー。前半の5番、8番とたて続けに3パットボギーを叩き、「グリーンに乗っても気が抜けなかった」と疲労の色は濃かった。「あと1日、しっかり耐えて少しでもバーディを獲れるように頑張りたい」。身上とする粘りのゴルフで、最終日こそ意地を見せたい。(ニューヨーク州ピッツフォード/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ウェグマンズLPGA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!