ニュース

米国女子インターナショナルクラウンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 インターナショナルクラウン
期間:07/24〜07/27 ケイブスバレーGC(メリーランド州)

1勝3敗 チーム日本は最終日のシングルス戦で首位守れず

2014/07/28 08:29

米国メリーランド州にあるケイブスバレーGCで行われた国別対抗戦「インターナショナルクラウン」の最終日、予選ラウンドを首位で終えた日本はシングルス戦4試合に挑んだが、宮里美香の勝利による2ポイント獲得のみに留まって、通算10ポイント。計15ポイントを獲得したスペインに逆転を許して、3位タイで4日間の戦いを終えた。

宮里藍が「かなりチームで話し込んで決めた」というこの日のプレーの順番。「マイペースさがあって、アウェー感の中でもプレーできる」と韓国と対戦する1番手に横峯さくらが選ばれると、「飛距離のアドバンテージを生かして欲しい」とスウェーデン戦には比嘉真美子。「盛り上がるチームだし、その環境に慣れている」と藍自らが4番手となるスペイン戦を選択し、美香が3番手でタイと当たった。

リュー・ソヨンと対戦した横峯は、16番で1ダウン。続く17番(パー3)ではリューがティショットをグリーン右手前の池に打ち込んだが、横峯も「同じミスをしてしまった」と大きくグリーン左に外してしまうミス。相手がドロップ後の3打目をピン下2.5メートルにつけてナイスボギーとしたのに対し、横峯はアプローチを寄せきれずこちらは痛いボギー。オールスクエアにするチャンスを生かせず、最終18番も引き分けて1ダウンのまま敗れた。

比嘉の相手は、アンナ・ノードクイスト。オールスクエアで折り返したが、10番でボギーを叩いて1ダウンとなると、11番、12番とノードクイストに立て続けにバーディを奪われて3ダウン。13番(パー3)で5メートルのバーディパットを沈めて一矢報いたが、ドーミーホールとなった16番をパーで分けて3&2で決着した。それでも、チーム最年少の19歳は「ものすごくプレッシャーの掛かる4日間だったけど、全力で戦った。自分を誇れると思う」と胸を張った。

チーム唯一の勝利は、宮里美香がもたらした。O.サタヤと対戦した美香は、序盤の4番、5番で連続バーディを奪って2アップとペースを握る。「今日が一番良いゴルフが出来た」と、そのまま最後までリードを守りきって、最後は3&1で勝利。「今年、思うような成績が残せていない中で、今週は安定したゴルフができた。今後に繋がると思う」と笑顔で振り返った。

最終マッチでアサハラ・ムニョスと対戦した宮里藍は、終盤までどちらも1アップ以上の差をつけられない拮抗した勝負を展開。だが、「(ラウンド中に)優勝が無くなって、気持ちの持って行き方が難しかった。昨日まで張り詰めていたものが緩んでしまった」と、17番で2ダウンとなって力尽きた。

4日間、チームをキャプテン役として牽引した藍は「勝てたと思うし、びっくりするくらい悔しい」と今週の戦いを述懐。「メンバーも良かったし、昨日までの流れもあった。でも、そこがチーム戦の難しいところ。これが良いモチベーションになってくれると思う」と、今シーズンの残り試合での雪辱を誓った。(メリーランド州オーウィングスミルズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 インターナショナルクラウン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。