ニュース

米国女子インターナショナルクラウンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 インターナショナルクラウン
期間:07/24〜07/27 場所:ケイブスバレーGC(メリーランド州)

さくら2イーグル!藍との最強コンビで韓国ペアに完勝

2014/07/27 10:23

藍&さくらの勢いは止まらない。メリーランド州にあるケイブスバレーGCで行われた「インターナショナルクラウン」の3日目、フォアボールマッチプレーで韓国のチェ・ナヨンキム・インキョン組と対戦した宮里藍横峯さくら組は、1ダウンで迎えた後半インに横峯が2イーグル、宮里がバンカーからチップインバーディを奪うなど逆転し、3&2で勝利した。

「今日が一番かみ合いました」と笑顔で振り返った横峯。前半は相手のホームかと思われるように、熱烈な応援団にサポートされた韓国ペアに押されたが、10番で横峯の残り148ヤードを8Iで直接カップに放り込むイーグル奪取で、オールスクエアに持ち込み、流れを掴んだ。

<< 下に続く >>

続く11番を獲って1アップとすると、12番では再び横峯がグリーン左手前のラフから20ヤードをサンドウェッジでカップに流し込み、この日2つ目のイーグルで2アップ。「心強いパートナーがいるので、しっかりピンを狙っていける」と、普段よりもアグレッシブなプレーで攻め続けた。

13番(パー3)では、キムがティショットを1メートルにつけた一方で、横峯は4メートルのスネークラインを残した。8番で1メートルのパットを外していた横峯は、今週初めて宮里にラインの読みを相談。「最後、スライスするように見える?」。キャディも含め、3人の読みが合致してのバーディ奪取。韓国ペアに付け入る隙を与えずに「あれが大きかった」と宮里もうなずいた。

その宮里も負けてはいない。14番では2打目をグリーン手前のバンカーに入れたが、ピンまで12ヤードのバンカーショットを直接カップインさせて3アップとした。「とにかく寄せてパーを獲ろうと楽な気持ちで打った」と振り返ったが、加速した流れが日本ペアを後押しした。

ドーミーホールとなった16番(パー5)をお互いパーで分けて勝負あり。この3日間無敗(2勝1分け)の藍&さくら組は、スウェーデンのアンナ・ノードクイスト&カロリン・ヘドウォール組と並び、参加ペア中最多の計5ポイントを稼ぎ出した。(メリーランド州オーウィングスミルズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 インターナショナルクラウン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!