ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 場所:パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

日本人選手コメント集/全米女子オープン開幕前日

横峯さくら

「暑いです。今日は最後の2ホールだけまだ回っていなかったので、17、18を回ろうと思ってインをプレーしました。グリーンは午後からの方がやっぱり止まりにくくなる。打ち方は変わらないけれど、番手を替えて判断したい。アプローチはウェッジとパターを使います。ユーティリティなんかは無いですね。あんまり得意じゃない。結婚してから初のメジャーなので。今週はのびのびと、というか、気持ちに余裕を持ってできています」

森田理香子

「高い確率でグリーンを捕らえられないと分かった。いいショットをしても、いいところについてくれないことが多い。悪いショットには罰をくれる。もらいたくないけど(笑)。自分を追い込むんじゃなくて、ミスして、難しいところに行ってもプラスに考えていこうと思います。(火曜日に岡本綾子から指導)岡本さんを独り占めできて、すごく嬉しかった。スイングの癖を指摘してもらって、あとはグリーン周り。『こういうところはパター、こういうところはウェッジは使わないほうがいい』と言った感じで」

<< 下に続く >>

吉田弓美子

「拾ってパーの可能性をつかんでいきたい。アプローチは、58度、52度のウェッジ、長尺パターも使うかも。左足下がりでウェッジだと、うまくヘッドが入らない時がある。難しいし、いっぱい打つし、全然うまく行かないと思ってここに来た。それで、その通りだったので“引いてしまう”ほどではない(笑)。全米女子オープンは、国内ツアーよりも、テレビの中の世界だと思っていた。引退した後に見に来られたらと思っていたが、出場できるとは」

城間絵梨

「コースへの衝撃みたいのはだいぶ取れて、慣れてきました。難しいけれど、ここはダメでもどれだけやれるか、ひたすら我慢できるか。成功と失敗がはっきり出る。自分の気持ちをコントロールするのが大事かなと。迷ったら後悔しそうだし。アプローチは9、8、6番アイアンを多く使うかも。パターだとイマイチ距離感がつかめていない。それに、乗った後のパットに影響を出したくない。海外の試合は雰囲気が好き。楽しんでいます」

橋本千里(アマチュア)

「昨日コースで気になっていたところをチェックしました。ドライバーかスプーンを使うかというところ。疲れてきたけど、体調は大丈夫です。イーブンくらいで行ければいい。アプローチで拾って拾って。(練習環境が)ほんとにいいですね。持って帰りたいくらい(笑)。所属コースでも芝からは打てないし、アプローチ練習場もこんなに広くない。普段緊張するタイプですけど、今回はそうでもない。オープン競技ってこともあってか、そこまでプロの試合だって感じがしません」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!