ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

有村智恵 松山英樹との練習ラウンドを糧に

男子の「全米オープン」を引き継ぐ格好で、再びノースカロライナ州のパインハーストNo.2で今週開催される「全米女子オープン」。米ツアーを主戦場とする有村智恵はこの海外メジャー第2戦を2週前に控えた5日(水)に、松山英樹と当地で練習ラウンドを行っていた。

「実際に松山くんのショットを生で見るのは初めてだった」という有村。これまでは親交がほとんど無かった2人だったが、関係者を通じてそのセッションが実現し、コースチェックに勤しんだ。

「お互い自分のことで精一杯で、あまりプレーを見る時間は無かった」とはいえ、目を引かれたのは松山独特の、ゆったりとしたスイングリズム。「(ザ・メモリアルトーナメントで)勝ったすぐ後の週ということもあって、すごくいいイメージだった。調子のいい選手はリズムがいい。私も調子が悪くなるとリズムが速くなるので、自分の中でも松山くんのようなリズムでいければ」

今季は序盤戦で予選落ちが続いたが、18位で終えた5月「キングスミル選手権」から出場3試合連続で決勝ラウンドをプレー。結果だけで言えば、まずは復調傾向にある。

「全米オープン」本番は、テレビ観戦も、生観戦もしたが「あまりイメージを頭に焼き付けても良くない。男子とは色んな意味でレベルが違う」。飛距離はもちろんだが、アプローチに至るまでのショットのスピン量、高さなどは男女で簡単に比較できない。それゆえ、むしろリラックスムードで世界一を争う戦いを眺めていた。

「距離が本当に長いけれど、アンダーパーで回ってくる選手もいるはず」。残り2日。自分なりのイメージを確立して、ティオフを待つ。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。