ニュース

米国女子スウィンギングスカートLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ハートに火が付いた宮里美香 2年ぶりVへ3打差を追う

カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のレイクマーセドGCで行われた「スウィングイングスカートLPGAクラシック」2日目。イーブンパーからスタートした宮里美香は、4バーディ1ボギーの「69」で回って通算3アンダーとし、首位のステーシー・ルイスと3打差の4位タイへと浮上した。

豪雨のため12時20分から1時間22分中断を挟んだこの日だったが、7時27分に10番からティオフした宮里は、雨が強くなる前に18ホールを回りきった。

序盤はアプローチとパットでしのぐ我慢のゴルフ。「とりあえず一打一打に集中しよう」と、10番ではアプローチを50センチに寄せ、11番で3メートル、12番で2メートルとしぶといパーパットをカップに沈めた。耐えていれば流れは来るもの。好感触のパットで16番、18番とそれぞれ2メートルのバーディチャンスをものにした。

折り返した後半は4番でボギーとするも「難しいホールなので開き直れた」と引きずることなく、7番からの2連続バーディで盛り返した。

「難しいコンディションになればなるほど、自分の実力を出したいという気持ちがより一層強くなる」と宮里。寒さと雨で停滞するリーダーボードを尻目に、火が付いたハートで好位置からの決勝ラウンドへ臨む。

「久しぶりの決勝ラウンドなので楽しみながらプレーしたい」。2年ぶりの米ツアー制覇をしっかりと見据えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 スウィンギングスカートLPGAクラシック

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。