ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

ミッシェル・ウィ 4シーズンぶりVのチャンス

タイのサイアムCCで開催中の米国女子ツアー「ホンダ LPGAタイランド」の3日目。通算11アンダーでアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が首位を独走する展開で、ミッシェル・ウィが4打差の2位タイに浮上。2010年8月「CN カナディアン女子オープン」以来となるツアー通算3勝目のチャンスを掴み、明日は最終組でノルドクビストとの直接対決に挑む。

ウィは今週、パー5の攻略をポイントに挙げてプレーしている。5アンダーで2位スタートを切った初日は、4つのパー5全てでバーディを奪取。「ドライバーも、ウエッジの調子もいい。私のコース攻略のカギになっているわ」と、自身最大の武器でもある圧倒的な飛距離を生かすプランに胸を張っていた。

2日目と3日目は、そのパー5で1つずつのバーディ数に留まり、「パー5のアドバンテージを活かせていない」と描くプランを完璧に運べているわけではない。だが、3日目まで奪ったバーディ数「12」のうち半数をパー5で奪っており、スコアメイクの柱になっていることは事実。「明日は(パー5で)たくさんバーディが獲れるといいわね」と逆転に向けて初日の再現を狙っている。

2010年以来の優勝について問われると、「優勝は、本当に欲しいわ。でも、自分自身にプレッシャーをかけてしまうことになるので、考えないようにすることが大事ね。パー5でアドバンテージを取ること、1打に集中して距離を求めないこと、そして楽しむこと」。

欲しいけど、欲しがらない。本当に欲しいから。猛ける気持ちを抑えながら、無欲を貫くことを自らに言い聞かせていた。(タイ・チョンブリ/塚田達也)

関連リンク

2014年 ホンダ LPGAタイランド




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~