ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

有村が新兵器を投入 諸見里はトラブル、宮里藍の新キャディ評は?

2014/02/19 19:02

有村智恵が“太グリップ”を初採用

シーズン初戦を迎える有村智恵が、自身初めてという太グリップをパターに採用。昨日の練習ラウンド前に「たまたま練習グリーンの横で見つけた」というグリップを装着し、「右肩がかぶり気味になってストロークがカットになる悪い癖があったのですが、それが無くなった」と早くも好感触を得ている。

「ロングパットでもフィーリングが変わらないし、あとは慣れ。明日(の初日)から使用する予定です」と、手にしてから間もない新兵器でアンジュレーションが強い高速グリーンに挑む。

諸見里しのぶ 1週間前にタイで緊急入院も・・・

先週11日にタイに入り合宿中だった諸見里しのぶが、12日夜に熱射病のため現地の病院に緊急入院をしていた。「吐き気と頭痛がひどくて、ゴハンも食べられなかった」という症状だったが、点滴と静養を経て翌13日に無事退院。翌日からクラブを振れるまで回復し、明日の初日に向けても体調の不安はなさそうだ。

また、昨年はツアー離脱を強いられ、今年に入ってからも痛みが残っていたという左脇腹の故障は、先月27日に『第四肋軟骨の炎症』と診断。完治は難しいとのことで、「いかに痛くしないようにするかを考えた」と、このオフは室内で上下半身の筋力トレーニングに注力したという。「体が強くなったし、今年の方が調子はいい」と表情は明るい。先の熱射病は「ずっと室内にこもっていたからかも」と苦笑いしたが、今週でその成果を見せられるか。

宮里藍 新キャディと好相性をアピール

8年間に渡ったミック氏とのコンビを解消し、今シーズン開幕戦からケビン氏を新しいキャディに迎えた宮里藍。まだ1試合を終えたばかりだが、今のところは良好な関係を築けているようだ。「キャディは人として尊敬できないと難しいけど、彼はとても良い人。しっかり仕事もしてくれるし、信頼が置けるキャディだと思う」。

選手とキャディとのコンビネーション、宮里が表現するところの“間”(ま)については、「彼と、新しい段階で新しいルーティンを作りたいと思っている」という段階。「間は、数をこなしていかないと作れない。グリーンを読むときは、今は自分のフィーリングを優先しているけど、(開幕戦の)バハマでは、ラインを聞くとはっきり決断してくれていたし、今週も迷ったときには相談していきたい」と語った。

堀奈津佳は米ツアー初挑戦 宮里藍との練習ラウンドに感激

堀にとって、今週が米国ツアー初挑戦。「米ツアーにはずっと興味があって、一度は出てみたい気持ちはあった。今回チャンスを掴むことができたので、いい経験をしたいです」と気持ちを昂ぶらせていた。

昨日18日(火)の練習ラウンドでは、堀の申し出から宮里藍と初めての練習ラウンドを経験。「ずっと回りたいと思っていたので、すごく緊張しました。試合の中での気持ちの切り替え方など聞きました。宮里さんにはオーラというか、何とも言えない空気感がありましたね。貴重な経験でした」と目を輝かせていた。

関連リンク

2014年 ホンダ LPGAタイランド




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~