ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米女子オープン
期間:07/05〜07/08 ブラックウォルフランチャンピオンコース(ウィスコンシン州)

藍、過酷メジャーに“省エネモード”で挑む

先週の優勝から2週連続、そして悲願の初メジャータイトル奪取に挑む宮里藍。「全米女子オープン」開幕を控え、月曜日に後半9ホール、火曜日に前半9ホール、そしてこの日もまた9ホールのラウンドをこなす予定だったが、「すごく暑かったけど、思ったより元気だったので13番まで回りました(笑)」と、最終日は予定より多めの調整で、仕上がりを確認した。

「前半は高低差があって、後半は多くのホールで池が絡んでくる。表情が違いますね」という宮里。「でも、しっかり打てるところに打っていければ、そこまで大きな傷にはならないと思う」と、すでに攻略ポイントはつかみつつある。「ティグラウンドが結構あるし、USGAは前に動かしたりしてくるので、その辺は臨機応変にやっていきたいです」と、長年の経験も宮里の財産だ。

「フェアウェイは広いけど、グリーンのアンジュレーションがあって、載せていいところに載せないと3パットもある。一概に飛ばし屋有利とは言えないと思う」という宮里は、「イーブンで上出来」と目標スコアを想定する。「あとはなるだけ、ミスを少なく、傷を少なくメリハリのあるプレーをしたいです」と、持ち前の丁寧なゴルフで上位を目指す。

もう一つの課題は暑さ対策。「疲れるとメンタル的に影響が出てネガティブになってしまう」という宮里は、練習時間を短くしたり、意識的に休みを取ったりと、「体をどれだけ疲れさせずに保(たも)てるか」を考え、行動している。勝負は4日間の長丁場。省エネモードで、最終日まで走り抜ける。(ウィスコンシン州コーラー/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。