ニュース

米国女子CN カナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍「今日はなんかちょっと違うな」

2011/08/29 10:56


アメリカ東海岸に上陸中のハリケーン・アイリーンの影響を考慮し、ティタイムが早められるなどの措置が採られた「CN カナディアンオープン」最終日。この日の気温は18度。朝は曇っていたものの、宮里藍がスタートした午後組は大雨となり、加えて台風のような強風が吹き荒れる大荒れの天候となった。

「前半はまだ、流れの中でやれてはいたが。でもやはり大事な場面で、自分のタイミングで打ててなかったので、『あ、きょうは大変な1日になるな』と」予感していたという宮里。その予感は現実のものとなってしまった。

1番をバーディ発進とするが、3番4mのパーパットがわずかに切れてボギーとすると、続く4番(パー3)ではティショットがグリーン右のバンカーへ。バンカーショットはグリーンをオーバーし、チップインを狙うもボギー。6番でも再びティショットをフェアウェイ右のバンカーに入れると、バンカーの縁にあたる不運でダブルボギーとするなど、宮里を“向かい風”が襲った。

「自分のベストではないなという感じのままずっと周っていた。左へ行ったり、右へ行ったりするショットも多かった。チャンスはたくさんあったが、今日はパットが入ってくれなくて。『入った』と思って外れたパットがいっぱいあった」と、好調な3日間が続いていただけに、やりきれない思いが残る。

「やはりこの天候で、コースがどういう状況になるかも分からなかったし、誰が勝ってもおかしくないと思っていた。なんとなく自分が『今日はなんかちょっと違うな』と感じていた。普段だったら自分のプレーに集中できるのに、今日はそのアジャストをしようと思っても、なかなか1打に集中できなかった」。そんな違和感の中で、自分のプレーを取り戻すことも、この日の宮里には困難だった。しかし「今週を振り返って、いいプレーもたくさんあったので、次また頑張りたい」。宮里はここで立ち止まることなく次戦に臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 CN カナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。