ニュース

米国女子エビアンマスターズ by Societe Generaleの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 エビアンマスターズ by Societe Generale
期間:07/21〜07/24 場所:エビアンマスターズGC(フランス)

藍「パッティングが良かった」1打差2位タイに浮上

2011/07/23 06:06


「エビアンマスターズ」2日目、ようやく青空が顔をのぞかせた好天の下、2年前の再現かのように宮里藍がリーダーズボードを駆け上がった。

12時7分スタートのこの日、4番で3m、5番で4mを沈めて連続バーディ。正確なアイアンショットを武器に、雨の影響で軟らかくなったグリーンのピンをめがけて攻めていく。9番1m、10番4m、11番では50cm。3連続で短いバーディチャンスをものにして、通算9アンダーまでスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

15番では1mのパーパットを外してボギーとし、続く16番ではファーストパットを2mオーバーしての3パット。それでも、最終18番できっちりとバーディを取り返して、結局この日は6バーディ2ボギーの「68」。首位と1打差の通算8アンダーでホールアウトし、「パッティングが良かった」と笑顔を見せた。

この日は日本から到着したばかりの父・優氏も宮里に帯同してプレーを観戦。「久しぶりにみたけどショットはすごく良い状態。タイミングも合っているし、テンポもいい」と目を細める。一点、懸念をあげたのは「ショートパットのストローク。まだ右手で操作しようとしている」。それでも、修正に時間の掛かりそうな気配は無かった。

2年前の優勝コースとあって、相性の良さを意識してしまうが、宮里本人は否定的だ。「毎年このコースが好きだといっているけど、うまく行かない時もあるし、日によって違うので自分に合っている感覚はないですね」。一方で、優氏は「あってるんだと思いますよ。まず、この雰囲気。田舎の中にゴルフ場がある感じで、沖縄と似ています」。

その真偽は分からないが、距離が短く、フェアウェイは狭い、そしてグリーンも小さくて狙い所が限られてくるこのコースでは、飛距離よりも正確性が重要なのはいうまでもない。

「焦らずに一つ一つ、自分のゴルフに集中したい」と話す宮里。残り36ホールも自身のプレーができれば、結果はおのずと見えてくるはずだ。(フランス・エビアン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 エビアンマスターズ by Societe Generale




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!