ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米女子オープン
期間:07/01〜07/04 場所:オーチャーズGC(マサチューセッツ州)

アニカ、ウィ、「全米女子オープン」上位選手コメント

アニカ・ソレンスタム(2位・8アンダー)
「メグは素晴らしいプレーでしたね。私も良いプレーが出来ていたと思うのですが、足りませんでした。でも自分の戦いぶりには満足していますよ。この4日間を通じて良いプレーができていたと思いますし、また辛抱強くプレーしました。『全米女子オープン』のようなメジャーでは忍耐強さが鍵を握りますからね。残念ながら優勝には手が届きませんでしたが、自分が思うようにプレーできたので満足です」

ケリー・ロビンス(3位・6アンダー)
「自分のプレーには大満足です。リーダーボードを見ていて自分が着々と上位に上がっていくのは嬉しかったですね。でもメグが素晴らしいプレーで誰も太刀打ちできなかった。彼女のベストプレーが出たんでしょうね。私も最高のプレーができていましたが、10アンダーにはさすがに追いつけませんでした」

ジェニファー・ロザレス(4位・3アンダー)
「勝てるかもしれないと思っていただけにすごく悔しいです。出だし1番でのバーディで流れをつかんだと思いました。しかし、7番で短いパットを外してから、すべてが崩れていってしまったんです。必死に戦いましたが、メグ・マローンの素晴らしいプレーには敵いませんでした。プレッシャーのせいかは分かりませんが、7番のリップアウト以降は何をやってもダメでしたね。反対に頑張りすぎて力んでしまったのかもしれません。でも負けたときはいつも「良い経験になった、次に活かそう」って、前向きに考えるようにしているんです」

ミッシェル・ウィ(13位・1オーバー)
「できれば優勝したかったし、トップ10に入りたかったです。でもそんなに目標から離れてしまったわけではないので、がっかりしないようにします。もっと良いプレーができたと思うけど、メジャーの『全米女子オープン』だから、昨年に比べて良い出来だったから満足してます。昨年よりも良いというのが大事でしょ?これで来年の出場権をもらえたので、批判されることなく堂々と出場できますしね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!