ニュース

米国女子マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「どうしても勝ちたかった」、ソレンスタム優勝インタビュー

マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権

-LPGAツアー52勝目、メジャーでは7勝目ですね。最終日に36ホールというタフな状況の中、第3ラウンドは見事な64。大幅リードを作っての最終ラウンドでしたね。

アニカ・ソレンスタム
「ありがとうございました。第3ラウンドで貯金を稼げて本当に良かったです。結果的にあの貯金がなければ勝ててませんでしたからね。でも4日間通じて素晴らしいトーナメントでしたし、どうしてもこの試合には勝ちたかったので、嬉しいです。今季の目標は年間グランドスラムでした。初戦を逃したのでもうその目標は叶いませんが、でも2戦目を手にできて嬉しいです。今週は良いプレーが出来ていましたし、また忍耐強くプレーできました。思う通りにいかない場面でも辛抱し、最終的には自分で流れを取り戻せました。

「どんなトーナメントでも優勝することは決して簡単なことではありません。得にメジャーともなると大変です。今までの苦い経験から、どんなに有利な立場になっても甘く見てはいけないことを学びました。最終ラウンドに大差リードで突入しましたが、中盤でリードをどんどんと失いピンチになりました。でもキャディには戦い続けるしかないって話していたんです。勝つためには何打差かは関係ありません。勝てばいいのですから」

-一時は2位以下に9打差リードをもっていましたが、9番でのダブルボギー、10番、11番の連続ボギーと苦戦を強いられました。急に後続陣たちにチャンスを与えてしまい、試合を面白くしましたね。

アニカ・ソレンスタム
「もちろん意図的ではありませよ。あの時点でも、キャディには自分は落ち着いていると言っていました。単にクラブの選び間違いか、パットのミスか、ティショットをミスしたか、原因は分かってましたから、辛抱強く落ち着こうと思ったのです。そのときに12番でのパットが決まってくれて、流れを取り戻せたと感じました。

「リードを保つのは難しいですね。常に背中越しに他の選手の動向が気になる。バーディ確実なホールもあれば、タフなホールもある中で、他の選手のプレーを常に考えていたので精神的に疲れました」

-16番では、となり11番のフェアウェイから高い木越えでグリーンへの94ヤードのアプローチ。これをバックスピンでピン横1メートルにつけタップイン・バーディをやってのけましたよね。

アニカ・ソレンスタム
「あのショットを打つにはかなりの勇気がいりました。でも失うものは何もない。どうしても優勝したいと思ったので、覚悟を決めて打ったんです。あのショットは一生涯忘れないでしょうね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!