ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/25〜03/28 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

スコア“69”!ミッシェル・ウィに独占インタビュー

クラフトナビスコ選手権 初日

-「上がり3ホールで2バーディで3アンダーのスコア“69”」

ミッシェル・ウィ
「すっごく嬉しいです。実はスイングもパットも最高の出来じゃなかったのに、良いプレーができたの。ゴルフって不思議ね」

-「スイングやパットが最高でないのに69を出せるなんてすごいですね」

ミッシェル・ウィ
「でしょ?だから考えちゃうの。もし最高のスイングとパットが打てたら、どんな凄いスコアになっちゃうのかってね。でも今日は69で大満足よ」

-「昨年は最終組でラウンドしたり、トップ10フィニッシュを決めたりすごかったけど、今年は少し慣れたかな?ソニーオープンの経験もあるしね」

ミッシェル・ウィ
「ソニーオープンはすごく緊張した。でもあの経験をしちゃうと、他は比べ物にならないわね。これがメジャー大会だって分かっているけど、なんだか慣れちゃった。しっかりプレーすれば大丈夫だって分かっているから、もう緊張したり必死に頑張らなきゃ!というような気持ちにならないのよ」

-「以前はお父さんがキャディをしてくれていましたが、いまは専門キャディがついています。何か変わりましたか?」

ミッシェル・ウィ
「前よりも自分で考えますね。前はラウンド中に父と話してばかりでしたから。ケンカもしてました。でも専門のキャディさんになってからは、言い争いなどはしませんから、冷静にショットについて考えますね」

-「今日は最高のコンディションでした。その中での69。明日も良いコンディションだったらどのくらいのスコアを期待できますか?」

ミッシェル・ウィ
「すべてが全部上手くいったとして、スコア“64”が出せたらいいですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!