ニュース

米国女子HSBC女子世界選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2023年 HSBC女子世界選手権
期間:03/02〜03/05 場所:セントーサGC タンジョンコース(シンガポール)

2023年 HSBC女子世界選手権
期間:03/02〜03/05 場所:セントーサGC タンジョンコース(シンガポール)

西郷真央に海外ツアー出場で罰金100万円?

女子プロゴルファーの西郷真央が海外ツアー出場により、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)から罰金100万円を科される可能性が出てきた。

西郷は3日までに、シンガポールで3月2日に開幕する米ツアー「HSBC女子世界選手権」にエントリーした。昨年4月の国内ツアー「パナソニックオープンレディース」優勝で発生した資格によるもので、出場選手66人という少数精鋭のフィールドで開催。日本勢は他に畑岡奈紗古江彩佳笹生優花渋野日向子が出場を予定している。

<< 下に続く >>

西郷は昨季、開幕から出場10戦5勝しながら、ドライバーショットの不調がピークに達した11月の最終戦「ツアー選手権リコーカップ」を通算35オーバーの最下位で終えた。「まずスイングを元に戻したい」と復調を目指したオフを経て、再出発の舞台を海外にする意向を固めたわけだ。

そこで難問が発生する。HSBCに出場すれば、昨年国内ツアー初優勝を飾った同週開催の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(3月2日開幕、沖縄・琉球GC)に出られない。

JLPGAでは、前年大会優勝者が翌年大会を欠場した場合、原則として「罰金100万円」が科せられる。ツアー規定第5章「出場義務」第25条「JLPGAツアー競技優勝者の翌年度出場義務」に違反するもので、実際21年には、米ツアーに参戦した渋野日向子が前年大会優勝の「ワールドレディスサロンパスカップ」を欠場して罰金を払っている。

規定に則れば、西郷にも罰金は発生する。しかし、欠場が「国内ツアー競技優勝で得た資格」を生かす結果だけに、何とも不思議な事態だ。欠場理由が「海外メジャー5試合」と「トーナメント事業部が承認した競技」の「海外主要トーナメント」への出場ならペナルティは免除されるが、それは今回のHSBCが「トーナメント事業部が承認した競技」として認められれば、の話だ。

JLPGAによると、昨年のパナソニックレディース開催時点で「同大会で得た資格があっても、ツアー規定はツアー規定」とする旨を出場選手に通達済みという。一方で「現時点では何とも申し上げられない」としており、開幕戦エントリー締め切りの10日を待って最終的な判断を下すことになる。(編集部・加藤裕一)

関連リンク

2023年 HSBC女子世界選手権



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!