ニュース

米国女子ボランティア・オブ・アメリカクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ボランティア・オブ・アメリカクラシック
期間:09/29〜10/02 場所:オールドアメリカンGC(テキサス州)

イーブンパーに詰まった経験値 笹生優花「いい勉強になりました」

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカクラシック 最終日(2日)◇オールドアメリカGC (テキサス州)◇6475yd(パー71)

バーディ14個に、ボギー10個のダブルボギー2つ。笹生優花の4日間のスコアカードは、なかなか忙しかった。

<< 下に続く >>

コンディションの変化も目まぐるしかった。強い風が吹き荒れた午前組で大会初日を迎え、2日目は比較的風が落ち着いた中でのラウンド。決勝2日間は昇り始める朝日を浴びてスタートし、日中と10℃以上ある気温差にも対応しながらプレーを進めていった。

最終日は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」。通算イーブンパー42位で初出場の大会を終えた。「普通の試合であまりないコンディションでできたので、本当にいろいろ勉強になったと思います。いい1週間になりました」と、タフな戦いも貴重な経験値として捉える。

今季は7試合で予選落ちと不安定な時期もあったが、これで4試合連続の予選通過を果たした。アジアシリーズ前のラストとなる次戦「LPGAメディヒール選手権」が今季22試合目。まだ21歳の笹生にとっては、昨年の日米21試合を上回って最も多くの試合でプレーする一年になる。「できるだけ、自分が納得のいくゴルフができれば」と、ベストを探りながら経験を積んでいく。(テキサス州ザ・コロニー/谷口愛純)

関連リンク

2022年 ボランティア・オブ・アメリカクラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!