ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 マイヤーLPGAクラシック
期間:06/16〜06/19 場所:ブライズフィールドCC(ミシガン州)

“ちょっと違う”から「ガタガタと」 渋野日向子はアライメントにも乱れ

2022/06/17 06:45


◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 初日(16日)◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6556yd(パー72)

スタートホールで右ラフに入れた1Wショットから、渋野日向子は気持ち悪さを感じていたという。「“ちょっと違うな”って感じで、そこからガタガタと…」。厄介なラフから左手前のバンカーに落とすまでは想定内。うまく寄せたが、パーパットを決められずにボギーをたたくと、やはり1打目を右ラフに入れた2番も花道からのアプローチが奥のカラーまで転がって2連続ボギーを喫した。

<< 下に続く >>

右へのミスには思い当たる節がある。「当たりも結構悪い。(ターゲットより)左を向きすぎて、(スイングで)自分の体が反応してしまって少し右に出しちゃうとか、振り抜きが高くなっちゃうとか…」。6番はフェアウェイ中央からのセカンド。右サイドのピンに対し、大きく左を向いてのショットがグリーン右手前に外れてうなだれた。「風もあったりとか、自分が思っているよりも、かなり左を向いちゃっている。そこから修正しないといけない」。左を向きがちになる傾向は練習場から続き、立て直しに苦心した。

6UTをしっかりと振り切った後半11番(パー3)で初バーディも、直後の12番でボギー。2オンに成功した最終18番(パー5)は、この日右に外す回数が多かったスライスラインを打ち抜いてのバーディ締め。意地をみせるフィニッシュも、初日から伸ばし合いが展開される中での「75」と悔しい出遅れとなった。

4試合ぶりの予選通過を果たした前週はスイングのことを考えすぎず、一打一打に向き合うことを心掛けた。「スイングも、メチャクチャ考えたいわけでもなかったんですけど、ちょっと考えざるを得ないような感じだった。マネジメントもしつつ(スイングも修正しながら)と考えてやってはいたんですけど、それ以前の問題だった」。重視するパーオン率は55.56%(10/18)にとどまった。

予選通過には、タフな午後組で爆発力が求められる2日目。「パー5が5個あるので、そこで獲り切れたら。しっかり良いゴルフができるように頑張りたい」と前を向いた。(ミシガン州ベルモント/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 マイヤーLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!