ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

初五輪でトップ10入りした笹生優花は英国の戦いへギアチェンジ

2021/08/09 14:40


東京五輪 女子最終日(7日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

フィリピン代表で出場した笹生優花は初日から「74」「68」「67」。最終日に1イーグル5バーディ、1ボギーの「65」をマークして4アンダー20位から通算10アンダーの9位に順位を上げて大会の幕を閉じた。

<< 下に続く >>

前半4番(パー3)でボギー先行するも、続く5番(パー5)でバウンスバックを決めて前半はイーブンでプレー。後半12番でロングパットのバーディを決めて以降、14番まで3連続バーディを奪取し、17番では3Wでピンそば3mにつけたイーグルパットを沈め、18番でもバーディと勢いあるバックナインを見せた。

「最終ホール(18番)でもだけど、セカンドショットが上手くいって、パットを決めることができた。いい形で最後締めくくることができて、本当に良かった。最初の3日間でももっといいプレーができればよかった」

今大会では開幕前に「全米女子OP」でもバッグを担いでいた相棒のライオネル・マテチュック氏が熱中症によって病院に搬送され、急きょチームのコーチがキャディを務めるというトラブルに見舞われる不運もあった。

それでも初めての五輪の舞台では抜群のコミュニケーション能力を発揮した。日本語、英語、タガログ語を操って取材に応じ、男子最終日の会場では、南アフリカ出身でスロバキア国籍を取得して出場したロリー・サバティーニと会話する場面も。笹生は「沢山のことを学ぶことができて、とても楽しい4日間だった」と振り返った。

3年後に控えるパリ五輪について「今は次の大会と自分のゴルフに集中したい。先のことを考えすぎるのは好きじゃないので、今のことに集中して頑張りたい」と話した。次戦は米ツアー「スコットランド女子オープン」(12日開幕/ダンバニーリンクス・スコットランド)に出場する意向で、その翌週の海外メジャー「AIG女子オープン(全英女子)」(カーヌスティGL)にも参戦する。

「私たちはみんな毎日少しでも上手くなりたいと思って努力して、取り組んでいる。そのプロセスを信じながら、その努力を続けていきたい」。世界のどこが舞台でも物怖じしない20歳は経験を糧に次のステージへと邁進する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!