ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2大会連続3度目 五輪女子ゴルフ競技を振り返り

2021/08/04 07:00


東京五輪 女子事前(4日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

五輪女子ゴルフ競技は東京大会で2大会連続3度目の開催となる。1900年パリ(フランス)に始まり、2016年リオ(ブラジル)と続いてきたが、過去の大会を振り返ってみた。

<< 下に続く >>

■1900年 パリ五輪

初めてゴルフ競技が採用された。コンピエーニュ・クラブで開催され、フランスとアメリカの2カ国から10人の選手が参加した。

男子は36ホールだったが、女子は9ホールのストロークプレーで争われ、マーガレット・アボット金、ポリー・ウィッター銀、アビー・プラット銅と米国勢がトップ3を独占した。

男子ゴルフは続く1904年セントルイス五輪(米国)でも採用されたが、女子は採用されなかった。

■2016年 リオ五輪

女子ゴルフはパリ以来、116年ぶりに復活。60人による4日間72ホールのストロークプレーで争われた。会場はオリンピックゴルフコースで野村敏京大山志保が日本勢として出場。野村は3位と1打差の4位、大山は42位に終わった。

朴仁妃(韓国)が金、リディア・コー(ニュージーランド)銀、フォン・シャンシャン(中国)銅と続いた。

■2020年 東京五輪

コロナ禍のため1年遅れて開催。日本勢は畑岡奈紗稲見萌寧が出場、メダル獲得を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!