ニュース

米国女子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

初オリンピックの笹生優花 キャディが熱中症のトラブルも

2021/08/03 17:10


東京五輪 女子事前(3日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇女子6648yd(パー71)

開幕を翌日に控えた午後の練習場で、フィリピン代表のユニフォームを着た笹生優花は、韓国代表のヘッドコーチ、朴セリと楽しそうに会話をして、最後はグローブにサインをもらい、うれしそうにキャディバッグに詰め込んでいた。

<< 下に続く >>

笹生にとって初めてのオリンピック。すでに10日前から会場入りして、世界各国を代表する男子選手と楽しそうに会話をしたり、リディア・コー(ニュージーランド)と練習ラウンドをしたりと、じつに生き生きとオリンピックを楽しんでいる。

「良いプレーをしないといけないとか、うまくならないといけないとか、そういうことじゃない。自分にとってはゴルフを楽しむことがより大切。楽しいことを犠牲にしたくないし、楽しんで、いろんなことを学びたい」という姿勢は、この大舞台でも一貫している。

今年6月に「全米女子オープン」を制して一躍注目を浴び、米ツアーメンバーの仲間入りを果たしたばかり。「プライベートではなにも変わっていないけど、コースの中ではすごく変わった。多くの人が“全米チャンピオン”と言って、名前で呼んでくれなくなったのは悲しい」とおちゃめに笑った。

だが、灼熱の霞ヶ関は楽しいことばかりではない。前日は練習ラウンド後にキャディのライオネル・マテチュックさんが熱中症で病院へと搬送された。「いまは昨日より良くなっていると思うけど…」と心配そうな表情を浮かべた笹生。「彼とオリンピックをプレーできないのは悲しいけど、健康の方が大切。(フィリピンチームの)コーチがキャディをやってくれるので、彼と一緒に頑張りたい」と前を向いた。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!