ニュース

米国女子バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

上原彩子は世界ランク3位に引き分ける「マッチプレーは面白い」

2021/05/27 16:31


◇米国女子◇バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー 初日(26日)◇シャドークリークGC(ネバダ州)◇6777yd(パー72)

世界ランク3位のキム・セヨン(韓国)を相手に、上原彩子は18番まで戦い抜いてオールスクエアで引き分けて、勝ち点0.5をもぎとった。

<< 下に続く >>

「グリーンも硬いし、距離も長いので、ほんとグリーン周りの勝負になる。かといってグリーン周りも難しいので、なかなかOKのアップ&ダウンもないけれど、その中で粘りながらできました。やっぱりマッチプレーは面白いなと思いながらプレーしていました」と振り返った。

飛距離でキムに30yd以上置いていかれても、コツコツと1打ずつを積み重ねていく。序盤にリードを許したが、9番でオールスクエアに追いついて、13番(パー3)で1アップ。16番(パー5)で再びオールスクエアに戻されたが、17番(パー3)は奥のバンカーから3mに寄せたパットを沈めてパーセーブ。ボギーとしたキムに対し、1アップで最終18番(パー5)に戻ってきた。

その3打目はピンまで約80yd。「58度(のウェッジ)だとエッジぎりぎりだったので、50度のコントロール。でも、コントロールする分、(スピンが掛からず)前に行ってしまった」と、グリーン奥のラフにこぼして寄せきれず、最後の最後に追いつかれてしまった。それでも「私、17番でオールスクエアになったと思ったんですよ…」と、負けたと思ったのがじつは引き分けで、残念なようなうれしいような…。

とにかく、強豪相手に貴重な1ポイントをゲットした。「もう3Wざんまいです。グリーンは本当に硬いので、しっかりランディングするところや、グリーン回りの形状を把握してプレーしないといけない。1つ1つの判断が大事になるし、グリーンを外れることが多くなるので、そこからいかにしのいでいけるかがポイントです」と、明日以降も気を緩められない戦いが続いていく。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バンク・オブ・ホープLPGAマッチプレー




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!